IDAグループ コーポレートサイト

IDA GROUP

ヒストリー

IDAグループのこれまで
2018年に創業100周年を迎えたIDAグループ。
移り変わる歴史の中で、いくつもの成長を遂げながら、いまのIDAグループへと発展してきました。
ここでは、これまでのIDAグループの歩みを紹介します。

1918年〜 
卸商社として創業

創業時の井田両国堂本社

1918年
初代社長 井田幸八郎が浅草三筋町にて行商の傍ら、日用雑貨や化粧品の卸商を営む。
1923年
関東大震災により、三筋町の店舗が全焼し、本所緑町の仮店舗を設ける。
1924年
本所緑町の仮営業所に始めて「井田両国堂」の看板を掲げる。
1940年
(株)井田両国堂として法人組織に改める。
1941年
太平洋戦争勃発。
1945年
戦災を蒙り、本所亀沢町の店舗が焼失。東両国に仮営業所を開く。
1946年
浅草橋に新営業所を開設し、再出発を図る。
1947年
浅草橋の現在地に社屋を移転。
1949年
初代社長井田幸八郎が相談役に退き、社長に井田日出男が就任。

1964年〜 
自社ブランドの立ち上げ

「ラブ」店頭写真

1964年
ヨーロッパ、アメリカの視察の際に、低価格な化粧品に触れ、”セザンヌ化粧品“を発売。
*フランス視察の際、セザンヌの生家とシャンティ城に訪問し、帰国後商標登録を行う。
1964年
東京オリンピック開催。
1971年
装飾品"シャンティ"を発売
1976年
(株)ラブジャパンを吸収、別会社組織で、ラブ化粧品の発売元として活動。
1978年
仏ウビガン社の日本総代理店としてフレグランスを導入し、輸入事業を開始。
*1979年には米デップ社、1980年には仏エビアン社の日本総代理店として活動を開始。
1983年
市ヶ谷に本部を開設
1983年
東京ディズニーランド開園。
1984年
仏ブルジョワ社の日本総代理店としての活動を開始。
自社ブランド「キャンメイク」を開始。

1988年〜 
IDAグループとして体制を強化

セザンヌの主な商品

1988年
輸入及び自社開発部門を(株)井田ラボラトリーズとして別会社組織を設立。
1989年
ベルリンの壁崩壊。
1991年
直営店「メゾフォルテ」オープン。
1992年
セザンヌ部を分離し、(株)セザンヌ化粧品を設立。
1995年
阪神淡路大震災。
1996年
・井田日出男が会長に就任。
・井田仁幸がIDAグループ社長に就任。
・井田隆雄が(株)井田両国堂社長に就任。

2001年〜 
創業100周年を迎え更なる躍進を目指す

キャンメイクの主な商品

2001年
(株)セザンヌ化粧品市ヶ谷本部、(株)井田ラボラトリーズ関東配送センターISO14001認証取得。
2002年
IDAグループ市ヶ谷本部ISO14001拡大認証取得。
2011年
東日本大震災。
2013年
売上1,000億円を達成。
2014年
セザンヌ化粧品誕生50周年。
2016年
キャンメイク初テレビCM放映。
2018年
・IDAグループ創業100周年。
・(株)井田産業を(株)井田コーポレーションに社名変更。
・麹町に本部を移設。
2019年
セザンヌ化粧品のテレビ初CM放映。
PAGETOP